歯周病(歯槽膿漏)

 
 現在は昔に比べむし歯による歯の喪失は減ってきていると言えます。しかしながら依然として歯周病により歯を失うケースは後を絶ちません。なぜなら歯周病は慢性疾患のため自覚症状が出にくく、対応が遅れがちだからです。
 歯周病の原因は大きく分けて二つあります。一つは歯周病菌による歯周組織の破壊、もう一つは噛み合わせの不調和による外傷ですが、これらが絡み合って病変が進行します。
 その上歯周病が進行してしまうと、たとえ治療が上手くいっても審美的障害が残ったり再発リスクが高くなります。
 歯周病を防ぐには適切なプラークコントロールと定期的な歯ぐきのチェック、生活習慣の改善などが必要です。是非歯周病予防に努めましょう。当医院ではそのお手伝いをさせていただきます。