義歯

 
 義歯には色々な種類があります。一般的な「クラスプ」と呼ばれるカニのはさみのようなバネを使った義歯から、バネが見えない機構を用いたアタッチメント義歯、マグネットを使った義歯もあります。しかしもっとも大切なことは、これまでに歯を失った原因を考え、これ以上歯を失わないようにすることです。
 歯周病で歯を失ってきた患者様に、見栄えが良くても複雑で掃除のしにくい形態の義歯は適しません。また不幸にして欠損が増えた場合に、速やかに改造して使い続けられることも必要かもしれません。残っている歯で義歯を支える必要がある以上、材質もさることながら、その設計が重要であることを知っておいてください。
 右の症例は上顎を「コーヌスクローネ」という2重冠方式の義歯で、下顎をマグネット式の義歯で治療した症例です。
 
治療前の状態
▲治療前の状態です。
残せる歯にキャップを被せます
▲残せる歯にキャップを被せます。
完成した義歯
▲完成した義歯です。