知覚過敏症

 
 むし歯ではないのに冷たいものを口に含むとしみたり、歯磨きの時に歯ブラシが当たったりすると、歯と歯ぐきの境目がピリリと痛むのは知覚過敏症です。
 原因は一般的に強すぎる歯ブラシなどといわれていますが、噛み合わせのアンバランスで歯肉が下がってしまったり、歯質が削れたようになった結果、知覚過敏になる場合もあります。
 軽度の場合は歯ブラシの方法を改善したり、歯磨きペーストも含め薬効成分を塗布して改善できますが、程度によって対応策が変わってきます。
 もちろんむし歯でしみている可能性もあるので、歯科医に相談してください。
 日常生活に支障が出るほど強い症状が長く続いている場合は別として、それ以外の場合は出来るだけ保守的な治療から始め、様子を見ていくことをお勧めします。